宮城のニュース

トーヨータイヤ仙台工場、1週間操業休止 感染拡大で需要減

トーヨータイヤ仙台工場

 トーヨータイヤ(兵庫県伊丹市)は、新型コロナウイルスの感染拡大に伴うタイヤの世界的な需要落ち込みを受け、仙台工場(宮城県岩沼市)を3〜9日の7日間休止する。10日に稼働再開の予定。
 仙台工場は従業員約1200人。主にスポーツタイプ多目的車(SUV)やピックアップトラックなど、輸出比率が高い大口径の乗用車向けタイヤを生産する。同社の国内工場で新型コロナに絡む休止は初めて。
 同社の担当者は「世界的な感染拡大や在庫状況などから判断した。市場に必要な量の在庫は十分に確保できており、輸出比率が高い工場の生産調整を決めた」と説明した。


関連ページ: 宮城 経済 新型肺炎

2020年04月03日金曜日


先頭に戻る