宮城のニュース

大崎市民病院の外来患者22人陰性 感染医師と濃厚接触の疑いで検査

 30代男性医師が新型コロナウイルスに感染した大崎市民病院は2日、濃厚接触を疑われた外来患者22人の陰性が確認されたと発表した。病院によると、保健所の指示で職員2人と退院した患者1人を追加で検査している。医師と濃厚接触した医療スタッフ13人、入院患者11人は陰性を確認済み。
 医師の感染が判明した3月30日午後5時以降休診していたメンタルケア科は3日、外来診療を再開する。6日再開予定の耳鼻科と合わせ、28の診察窓口の全てが再開する。


関連ページ: 宮城 社会 新型肺炎

2020年04月03日金曜日


先頭に戻る