宮城のニュース

仙台市で新たに5人感染確認

 仙台市は3日、新たに市在住の男女5人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。1人は青葉区の英国風パブ「HUB仙台一番町四丁目店」の利用客。3人は東京都内からの転入者で、手続きのため3月31日に太白区役所の窓口を訪れた。残る1人は転入者の引っ越し作業を手伝った。
 市によると、パブを利用したのは20代の外国籍の自営業男性。20、21の両日に店を訪れ、29日に感染が判明した宮城県内の私立学校の女性教諭らと飲食した。
 太白区役所を訪れたのは、いずれも20代で、無職女性、男性会社員、職業不明の男性の3人。他に20代の男性会社員が、転入者の無職女性の引っ越しを28日に手伝った。市は4月3日夕、太白区役所を閉鎖した。
 5人のうち2人は入院中、残る3人も入院予定だが、重篤ではないという。
 市内の感染確認は15人、宮城県内は18人となった。


関連ページ: 宮城 社会

2020年04月03日金曜日


先頭に戻る