山形のニュース

山形で3例目の感染 新庄の60代男性が重症

 山形県は2日、新庄市の60代無職男性が新型コロナウイルスに感染したと発表した。男性は重症で集中治療室(ICU)に入り、治療を受けている。県内での感染確認は3例目。
 県によると、男性は3月26日から発熱があり、30日に市内の医療機関を受診し、31日に肺炎の症状で入院。1日の検査で陽性と判明した。男性には糖尿病などの持病があったという。
 濃厚接触者は東京都に住む社会人の息子と同居する家族7人の計8人。息子は山形新幹線を利用して3月17〜20日に新庄市の実家に帰省し、18日から発熱していた。息子は東京に戻っており、今後検査を受ける。
 濃厚接触者に保育園児が含まれていたため、園児が通う新庄市内の保育園は臨時休園の措置を取った。
 県によると、31日に感染が確認された米沢市の自動車教習所に運転免許合宿で入校した神奈川県の20代大学生女性の濃厚接触者7人と、1日に感染が確認された上山市の温泉旅館の60代従業員男性の濃厚接触者8人は、検査で全員陰性だった。


関連ページ: 山形 社会 新型肺炎

2020年04月03日金曜日


先頭に戻る