広域のニュース

東北の医療機関で受け入れ態勢拡充急ぐ 病床の確保へ協力依頼

正面玄関で発熱症状のある患者に注意を呼び掛けている東北大病院。東北の各病院が対応強化に努めている=3日、仙台市青葉区星陵町

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、東北の医療機関が患者受け入れ態勢の拡充を急いでいる。感染者が入院できる「感染症指定医療機関」の病床の不足が懸念される自治体もあり、一般病床の利用などに向けた調整が進む。重症者の増加に備え、緊急性のない治療を制限する動きもある。

 宮城県内では指定医療機関の7病院に、新型コロナ感染者の入院に対応できる病床が計29ある。2日現在で10人の患者が入院。感染者が増え続けている仙台市は市立病院の10床について「満床ではないが、他の指定医療機関に余裕があればお願いしたい状況だ」(健康安全課)と説明する。
 患者急増に備え、県は感染症指定以外の病院との調整を進めており、これまで4病院に協力を依頼した。さらに軽症の感染者を巡り、村井嘉浩知事は3日、国が求める宿泊施設や自宅での療養について「検討している最中」と述べた。
 各県も病床確保などを急ぐ。福島では3日現在、指定6病院(計32床)のうち24床に空きがある状態だが、感染拡大に備えてさらに計20床を確保する方針だ。
 秋田では3日現在で指定9病院(計30床)のうち7床が埋まった。県は今後、8カ所の一般病院を含め最大80床を確保する計画を立案した。保健・疾病対策課の担当者は「最悪の場合を想定し、できるだけの対応を検討したい」と話す。
 山形県は新たに県立中央病院(山形市)の50床を、他の患者と動線を分けた専用病棟に転換する方針。3日現在、感染者が確認されていない岩手でも、県が指定9病院(計38床)が満床になった場合に備え、一般病院を含めた結核病床91床の利用を想定している。
 重症者の治療に備えてマンパワーを確保するため、診療体制を見直したり、院内感染に備えた対策を強化する動きもある。
 東北大病院は3日、歯科診療部門で、緊急性のない治療は他の病院の利用を求めるなどの方針を公表。歯科以外の部門でも電話による薬の処方などを行い、感染リスクの低減を図る。
 冨永悌二院長は「重症者の救命のために少しでも余力を確保したい」と強調。「感染者の受け入れのため、医療機関同士が協力し、役割分担を果たさなければならない段階だ。防護服などの不足も懸念され、行政には早期の供給をお願いしたい」と求めた。


関連ページ: 広域 社会 新型肺炎

2020年04月04日土曜日


先頭に戻る