宮城のニュース

気仙沼で40代自営業男性の感染確認 宮城は21人目

 宮城県は5日、宮城県気仙沼市の40代自営業男性が新型コロナウイルスに感染したと発表した。男性は3月24〜28日、仕事で関東方面にいたが、感染源は不明。県内で感染が確認されたのは21人目。
 男性は3月29日、発熱や倦(けん)怠(たい)感、関節筋肉痛、味覚嗅覚の異常を訴えた。症状が改善せず、4日に帰国者・接触者外来を受診。感染の有無を調べる検査を行い、5日午前に陽性と判明した。
 男性の症状は軽い。感染症指定医療機関に入院する予定。29日以降は市内の実家で療養し、受診以外に外出していない。


関連ページ: 宮城 社会 新型肺炎

2020年04月05日日曜日


先頭に戻る