福島のニュース

郡山や南相馬で男女5人感染 福島県内計14人に

 福島県と福島県郡山市は4日、福島県南相馬市の50代男女と20代男性、矢吹町の20代会社員男性、郡山市の70代男性の5人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。県内の感染者は計14人となった。
 県によると、南相馬市の3人は3日に県内9人目の感染が確認された30代会社員女性と同居する両親と弟。4日にPCR検査を受け、陽性と判明した。3人とも無症状。県内の指定医療機関に入院を予定している。他の同居家族は陰性だった。
 福島県矢吹町の20代男性は3月30日に発熱などの症状が出た。3日に帰国者・接触者相談センターに相談し、4日に陽性と分かった。今のところ軽症で、今後入院する予定。県は同居する家族の健康観察を続ける。
 郡山市の70代男性は1日に眼科手術を受けるため市内の医療機関に入院し、2日夕に退院。帰宅後に呼吸が苦しくなり、3日深夜に市内の別の医療機関に救急搬送され、軽度の肺炎と診断された。4日に陽性が判明し、そのまま入院中。
 県はまた、2日に感染が確認された須賀川市の10代女性が3月30日夜、市内の飲食チェーン「養老乃瀧須賀川西川店」でアルバイトをしていたと発表した。同僚の従業員7人を健康観察する。


関連ページ: 福島 社会 新型肺炎

2020年04月05日日曜日


先頭に戻る