福島のニュース

須賀川で男女感染 福島15、16人目

 福島県は5日、須賀川市の30代男性と50代女性が新型コロナウイルスに感染したと発表した。確認は県内15、16人目。8人目となった須賀川市の10代女性の濃厚接触者で、同じ「養老乃瀧須賀川西川店」の従業員という。
 県によると、男性は3日に発熱の症状が出た。女性も同日から悪寒の症状があり、翌4日に発熱や頭痛を訴えるようになった。2人は3月30日、10代女性と同時間帯に勤務していた。
 県感染症対策アドバイザーの金光敬二県立医大教授は「対策が十分なら感染を防ぎ得た事例もこれまでに多く見受けられる。医療崩壊を防ぐためにも県民全員に対し、自粛などの対応をお願いしたい」と述べた。


関連ページ: 福島 社会 新型肺炎

2020年04月06日月曜日


先頭に戻る