宮城のニュース

未来つくる新たな学びや 仙台・荒井小で開校式

開校式で抱負を述べる児童代表の小川内さん=6日、仙台市若林区

 仙台市若林区の七郷小から分離して創立された荒井小(児童473人)で6日、開校式があった。新型コロナウイルス感染防止のため、出席者を新6年生81人と教職員に限定し、新たな学びやの船出を祝った。
 千田博史校長は「夢と希望に満ちた歴史、未来をつくっていくことを期待している」とあいさつ。児童代表の小川内(おこうち)若葉さん(11)は「後輩に憧れられるような6年生になる。勉強も遊びも運動も頑張って、悔いの残らない1年にしたい」と抱負を述べた。
 郡和子市長は祝辞で「新しく誕生した学校が多くの人に愛され、心豊かで、たくましい子どもたちを育むことを願う」と期待した。
 校章は七郷小、蒲町小の児童約140人から募ったデザインを参考にした。六角形の回りに稲穂をあしらい、学校周辺がかつて田園地帯で、実り豊かな地域だったことを表したという。
 荒井小は、閉校した学校も含め128校目の市立小となる。若林区伊在3丁目の校舎は鉄筋コンクリート3階、敷地面積は約1万8000平方メートル。2015年12月に市地下鉄東西線が開業し、住宅開発が進んで人口が増加。七郷小の児童数が急増し、分離に至った。
 市教委によると、荒井小の新設で、七郷小の児童数は前年度の1162人から723に減る見込み。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2020年04月07日火曜日


先頭に戻る