宮城のニュース

仙台の感染学生は外国籍の東北大生 パブ利用者宅で飲食

 新型コロナウイルス感染が5日に確認された仙台市の外国籍の20代男子学生について、東北大は6日、同大に在籍する学生と公表した。学生は3月18日以降、大学に来ていないが、同大は他の学生や教職員らと接触があったかどうかなどを調査している。
 仙台市によると、男子学生は、4月3日に感染が判明した市内在住の外国籍の20代自営業男性の自宅で、3月27日に3時間ほど飲食した。自営業男性は市がクラスター(感染者集団)発生を認定した青葉区の英国風パブの利用者だった。


関連ページ: 宮城 社会 新型肺炎

2020年04月07日火曜日


先頭に戻る