宮城のニュース

スイセン1万株が満開 仙台・西公園

スイセンの小道を歩く親子連れ=仙台市青葉区の西公園
色鮮やかに満開となったスイセンの花=5日午前11時50分ごろ

 仙台市青葉区の西公園でスイセンの花が見頃を迎えている。「花の歩話人(ほわっと)ロード西公園」と名付けられた全長約250メートルの小道に並ぶ約1万株が満開。市民グループ「西公園を遊ぼうプロジェクト」が昨年、ボランティアの協力で植えた。
 青葉区の会社員女性(33)は長女(5)と訪れ、「新型コロナウイルスの暗いニュースが続いたので、スイセンを見て気分が明るくなった」と語った。
 3日にはスイセンを観賞するお茶会が開催される予定だったが、新型コロナウイルスの影響で中止となった。


関連ページ: 宮城 社会 新型肺炎

2020年04月07日火曜日


先頭に戻る