宮城のニュース

仙台への「コロナ疎開」やめて 郡市長呼び掛け

 新型コロナウイルス感染拡大で東京都などに緊急事態宣言が出された7日、郡和子仙台市長は定例記者会見で「いわゆる疎開のような形で地方に移動してくるのは控えてほしいと強くお願いする」と呼び掛けた。
 対象地域のうち、仙台との往来が多い首都圏から住民が流入し、市内の感染拡大に拍車が掛かることに懸念を示した格好。市は年度替わりの転入増が落ち着き、感染リスクが下がると予測し、市立学校の授業再開を15日に予定している。
 郡市長は「感染を拡大させてしまうリスクと自身の安全を考え、行動を判断してもらうしかない。これまで言ってきたこととあまり変わらないが、重ねて重ねてお願いしたい」と仙台への移動自粛を要請した。


2020年04月08日水曜日


先頭に戻る