山形のニュース

山形で6日に感染確認の6人、軽症か無症状 県内感染者は計19人

 山形県は7日、新型コロナウイルスの感染が6日夜に確認された6人について、詳細を発表した。いずれも軽症か無症状で、県内の感染症指定医療機関に入院している。県内感染者は計19人になった。
 6人は、高畠ワイナリー(高畠町)に勤める南陽市の20代男性、高畠消防署(同)に勤務する高畠町の20代消防士男性、同町の40代会社員女性、ヤマト運輸山形主管支店南陽支店(同)勤務の飯豊町の女性、鶴岡市の20代会社員男性、上山市の50代会社員男性。
 南陽市と高畠町の男性は5日に感染確認された米沢市の男性の友人。東京から3月25〜28日に同町に帰省した別の友人男性と25日に米沢市の男性宅で飲食した。高畠町の女性は帰省した男性の家族。
 飯豊町の女性は4日に感染が判明した上山市の20代男性の同僚。鶴岡市の男性は、5日に感染が判明した同市の男性と、クラスター(感染者の集団)が発生した仙台市の英国風パブを3月20日に訪れた。
 上山市の男性のみ感染経路が不明。県が行動歴と6人の濃厚接触者を調べる。


関連ページ: 山形 社会 新型肺炎

2020年04月08日水曜日


先頭に戻る