宮城のニュース

咲き誇る花々、聖堂に彩り カトリック北仙台教会

行き交う人々を見守るように満開となった八重桜とモクレン(奥)

 マンションに囲まれるようにたたずむカトリック北仙台教会(仙台市青葉区)の敷地で、八重桜やモクレンが満開となり、1951年に建てられた聖堂を彩っている。
 目の前の県道をひっきりなしに行き交う車をよそに、淡いピンクや白い花びらが風に揺れる。天気のいい日は、近くの保育園児たちが散歩にやって来ることもあるという。
 聖堂の周りの花壇ではスイセンやチューリップなども花を咲かせていた。荘厳な建物と色とりどりの花が、騒がしい世の中をつかの間忘れさせてくれる。


関連ページ: 宮城 社会

2020年04月09日木曜日


先頭に戻る