宮城のニュース

仙台七夕まつりの中止決定 前夜祭花火も取りやめ

昨年も仙台市中心部を彩った七夕飾り=2019年8月8日、仙台市青葉区一番町4丁目
大勢の見物客でにぎわった昨年の仙台七夕まつり=2019年8月8日、仙台市青葉区

 仙台七夕まつり(8月6〜8日)を主催する仙台七夕まつり協賛会は10日、新型コロナウイルスの感染拡大を踏まえ、今年のまつりの中止を決定した。1946年にまつりが現在の形で始まって以降、中止は初めて。仙台青年会議所は、5日の前夜祭「仙台七夕花火祭」も取りやめる。
 協賛会は10日、仙台市青葉区の仙台商工会議所で臨時の役員会を開催。新型コロナの終息が見通せない中、国内外の観光客や市民ら約200万人が訪れるまつりの開催について、感染拡大を防止する観点から異例の中止を決断した。
 仙台市内を約3000本の竹飾りが彩る仙台七夕まつりは、東北を代表する夏祭りの一つ。昨年は3日間の会期中、前年を約22万3000人上回る約224万9000人の人出を記録した。


関連ページ: 宮城 社会

2020年04月10日金曜日


先頭に戻る