宮城のニュース

仙台七夕まつり中止 新型コロナ影響、前夜祭花火も

仙台七夕まつりの中止を発表する鎌田会長(中央)ら=10日午後3時15分ごろ、仙台市青葉区の仙台商議所

 仙台七夕まつり(8月6〜8日)を主催する仙台七夕まつり協賛会は10日、臨時役員会を開き、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、今年のまつりを見送ることを全会一致で決定した。まつりの中止は戦後に現在の形になった1946年以降で初めて。仙台青年会議所は5日の前夜祭「仙台七夕花火祭」も取りやめる。
 役員会後の記者会見で協賛会の鎌田宏会長(仙台商工会議所会頭)は「人命は何物にも代え難い。長く続けてきた七夕への思いを来年につないでいきたい」と語った。藩制時代からの伝統を守るため、店や家庭単位で飾りを作るよう呼び掛ける意向を示した。
 協賛会は感染の終息が見通せない中、竹飾り作りや旅行ツアーの準備が本格化する前に中止を判断。不特定多数が集まるまつりで感染者が出た場合、行政機関による感染状況の把握が困難になる事態も懸念した。
 会見に同席した郡和子仙台市長も「市民、観光客の安全安心が最優先だ」と指摘。観光業を中心とした経済損失の大きさに触れ「支援策を打ち出し、迅速に対応する」と述べた。
 宮城県の村井嘉浩知事は、市とともに3日に県民への外出自粛要請に踏み切ったことを挙げ「感染者の増加で先が見通せない状況を踏まえると、大変残念だが中止の決定はやむを得ない」との談話を出した。
 昨年の人出は七夕まつりが約224万9000人、花火祭は約50万人。仙台七夕のほか、いずれも東北三大祭りに数えられる青森市の青森ねぶた祭(8月2〜7日)も中止を決定し、秋田市の秋田竿燈まつり(同3〜6日)は13日の実行委員会の総会で中止も視野に開催可否を協議する。


関連ページ: 宮城 社会 新型コロナ

2020年04月11日土曜日


先頭に戻る