山形のニュース

山形県内で5人感染、計32人に(10日時点)

 山形県は10日、女性5人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。いずれも軽症か無症状で、県内の感染症指定医療機関に入院している。県内の感染者は計32人になった。
 5人は、米沢市の50代女性2人と南陽市の50代女性、酒田市の40代女性会社員と10代の女子中学生。
 米沢市と南陽市の計3人は、6日に感染確認された高畠町の女性が勤める会社の従業員。酒田市の2人は8日に感染確認された男性の同居家族。男性は症状が出た1日までの2週間に、仕事で首都圏を車で計4回訪れたという。
 1日に感染確認された新庄市の60代男性の濃厚接触者で、3月17〜20日に東京から帰省した際に発熱した息子について、県は東京都の検査で陰性だったと明らかにした。これまで家族、親族ら男性の関係者6人の感染が判明している。
 また山形市は、9日に市内で初めて感染確認された女性の勤務先を市内の飲食店「club ACE(クラブエース)」と公表した。3、4の両日、出勤していたという。濃厚接触者は現時点で家族や職場の同僚、友人、受診した医療機関関係者の計9人。


関連ページ: 山形 社会 新型コロナ

2020年04月11日土曜日


先頭に戻る