宮城のニュース

仙台で園児、小学生含む6人が感染 宮城は計51人に

 仙台市は12日、いずみ保育園(泉区)の園児、英会話教室「ASTER(アスター)向陽台校」(同)に通う小学生を含む男女6人が新たに新型コロナウイルスに感染したと発表した。市内の感染者は計41人、宮城県内は計51人となった。
 園児は10歳未満の女児1人、小学生は向陽台小(泉区)の10歳未満の男子児童1人と女子児童1人、10代の女子児童2人の計4人。10歳未満の感染確認は県内で初めて。他に、市建設局南道路建設課の40代男性職員の感染も確認された。
 いずみ保育園では、7日に感染が分かった20代外国籍の女子学生が講師の英会話教室が2日にあり、11日に女性保育士3人の感染が判明した。女子学生はまた、3月31日にマミー保育園(泉区)とASTER向陽台校、4月1日にASTER新田校(宮城野区)、3日に向陽台校で講師を務めていた。
 園児と児童のうち3人は7〜9日に発熱などの症状があり、11日に帰国者・接触者外来を受診し、12日に陽性と判明。市職員は7日の帰宅後に発熱し、自宅療養していたが、11日に救急搬送され、12日に陽性と分かった。園児と職員は入院中、児童4人も入院予定で、いずれも重篤ではない。
 市は4施設の園児や受講生、職員のうち、12日は症状がある12人のPCR検査を実施した。残る無症状の108人も13〜15日に一斉に検査する方針。郡和子市長は「多数が感染したのではないか」と語り、クラスター(感染者集団)が発生した可能性を指摘した。


関連ページ: 宮城 社会 新型コロナ

2020年04月12日日曜日


先頭に戻る