山形のニュース

山形県、県境での検温検討 感染抑制へ対策

 山形県内の新型コロナウイルス感染拡大を受け、吉村美栄子知事や県選出国会議員有志による県新型コロナ総合戦略会議の初会合が11日、県庁であった。感染拡大を抑制するため、県境での体温確認や特定の企業活動の自粛要請、限りある医療資源の情報提供といった対策をまとめた。
 対策を行う時期は25日〜5月10日を想定。県内感染者33人のうち大半が県外ルートで感染したとみられるため、拡大を抑える重要な期間との認識を共有した。活動自粛に協力した企業への資金提供、駅や高速道など県境部での体温検査を検討している。


関連ページ: 山形 政治・行政

2020年04月12日日曜日


先頭に戻る