宮城のニュース

宮城県立校の休校、5月6日まで 県教委発表

宮城県庁

 新型コロナウイルスの感染拡大を一体的に防ぐため、宮城県教委は13日、県立学校の臨時休校を大型連休最終日の5月6日まで改めて延期すると発表した。小中学校を所管する各市町村教委にも、同様に対応するよう要請した。
 県内の感染者は12日現在、51人と仙台市を中心に増加の一途をたどり、県は「感染初期」から「移行期」に深刻化したと判断。緊急事態宣言が出た東京など7都府県と高速交通網で直結し、感染源が不明な患者の割合が増え続けている現状から、専門家の助言も踏まえて決定した。
 県教委は、部活動の自粛も要請した。特別支援学校については児童生徒の居場所確保のため、希望すれば登校できる措置を取る。
 休校は3月2日から2カ月近く継続することになる。
 村井嘉浩知事は13日の定例記者会見で、「健康面、精神面への影響は非常に大きい。しっかりフォローするよう県教委に伝えた」と述べた。
 県教委は6日、年度替わりで感染拡大地域からの転入者が増え、通学圏が広い生徒の感染防止策を講じるのが困難だとして、14日までの休校延期を決定。高校69校と県立中2校の休校を14日まで、特別支援学校19校を19日まで休校とする予定だった。


関連ページ: 宮城 社会 新型コロナ

2020年04月13日月曜日


先頭に戻る