宮城のニュース

「石巻川開き祭り」も中止検討 実行委、月内に判断

 石巻市の夏の風物詩「石巻川開き祭り」の今年の開催について、実行委員会が中止も含めて検討していることが13日、分かった。新型コロナウイルスの感染拡大を踏まえ、今月中に開催の可否を決定する見通し。
 主要団体の市、市議会、石巻観光協会、石巻商工会議所が近く協議した上で、今月下旬の実行委総会で決める方針。中止となれば戦時中を除き、宮城県沖地震が起きた1978年、宮城県連続地震の2003年に続き3回目となる。
 川開き祭りは、旧北上川改修に尽力した川村孫兵衛の功績をたたえ、1916年に始まった。東日本大震災が発生した2011年も開かれた。
 昨年は7月31日、8月1日に開催。花火や伝統の孫兵衛船競漕(きょうそう)、震災犠牲者を追悼する灯籠流しなどがあり、2日間で計19万4000人の人出があった。


関連ページ: 宮城 社会 新型コロナ

2020年04月14日火曜日


先頭に戻る