宮城のニュース

仙台のALTら男女4人退院

 仙台市は13日、新型コロナウイルスに感染し、医療機関に入院した市在住の男女4人が、12日までに退院したことを明らかにした。
 退院したのは、いずれも外国籍の20代女性で仙台高(青葉区)と六郷中(若林区)に勤務する外国語指導助手(ALT)2人、英国風パブ「HUB仙台一番町四丁目店」(青葉区)を利用した外国籍の20代自営業男性、太白区役所で転入手続きした20代男性会社員。
 市内の感染者の退院はクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の乗客で、市在住の70代男性が3月10日に退院して以来となる。


関連ページ: 宮城 社会 新型コロナ

2020年04月14日火曜日


先頭に戻る