宮城のニュース

出来たて料理をタクシーでお届け! 仙台「タクデリ」15日スタート

タクシーを利用したフードデリバリーサービスをPRするチラシ

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、ともに大きな打撃を受けている仙台市内の飲食店、タクシー会社が苦境を乗り切ろうと業種の垣根を越えて連携し、フードデリバリーサービス「タクデリ」を15日に始める。
 宮城県内に19店舗を展開するハミングバード・インターナショナル(仙台市青葉区)と、仙台中央タクシー(宮城野区)が企画した。外出自粛で来店できない顧客に、和洋食、アジア料理、カレーといった料理約50種類を届ける。
 配達エリアはハミングバードの「ルート227カフェ」(青葉区)から約4キロ圏内。ウェブかチラシでメニューを選んで電話で注文すると、店舗から配車依頼を受けた乗務員が注文品を受け取り、タクシーで自宅前まで配達。顧客に取りに出てきてもらう仕組みだ。
 タクシーの本業を妨げない範囲でサービス提供を行う救援事業「便利タクシー」制度を活用し、8月末までの期間限定で行う。
 両社の担当者は「自宅にいながらでも食事を楽しんでほしい。従業員の雇用を守りながらお客さまのお役に立ちたい」と話す。
 注文は2000円以上。宅配料金500円。料金は商品受け渡し時に現金か決済アプリ「ペイペイ」で支払う。午前9時〜午後9時で期間中無休。連絡先は「ルート227カフェ」022(796)9770。


関連ページ: 宮城 経済 新型コロナ

2020年04月15日水曜日


先頭に戻る