宮城のニュース

仙台で1日最多の8人感染 保育園と英会話教室でクラスター、宮城県内64人に

 仙台市は14日、いずみ保育園(泉区)の園児、英会話教室「ASTER向陽台校」(同)に通う小学生を含む男女8人が、新型コロナウイルスに感染したと発表した。市内の1日の感染確認で8人は最多。市内の感染者は計51人となった。
 保育園の感染者は園児や保育士らの濃厚接触者を除くと計6人、向陽台校は計5人となり、市は2カ所でクラスター(感染者集団)が発生したと断定した。
 市によると、内訳はいずみ保育園関係が10歳未満の男児、50代女性職員、感染が確認された女性保育士の家族の50代男性会社員、感染の園児と濃厚接触した30代女性会社員の計4人。
 ASTER関係は、向陽台校受講生の10代男子児童、感染が分かった女子児童の濃厚接触者の40代男性会社員の計2人。他に、両施設とは関係のない40代男性会社員、30代女性会社員の感染も確認された。
 保育園の50代女性職員は、2日あった英会話教室に同席しておらず、講師を務めた20代外国籍の女子学生と直接の接触はなかった。英会話教室に同席し、感染が判明した女性保育士とは会話していた。10歳未満の男児が英会話教室に参加したかどうかは不明という。
 ASTERの10代男子児童は無症状だが、市のドライブスルー検査で陽性と確認。無症状での感染は市内で初のケースとなった。40代男性会社員は、青葉区の英国風パブ「HUB仙台一番町四丁目店」を起点とする5次感染と確認された。
 男女8人はいずれも医療機関に入院する予定で、無症状の1人以外も重篤な状態ではないという。


関連ページ: 宮城 社会 新型コロナ

2020年04月15日水曜日


先頭に戻る