宮城のニュース

仙台で60代女性1人感染 宮城65人に

 仙台市は15日、新たに市在住の60代女性パート従業員が、新型コロナウイルスに感染したと発表した。2日に感染が分かった西友大和町店(若林区)に勤務する40代女性パート従業員の同僚で濃厚接触者。市内の感染確認は計52人、宮城県内では計65人となった。
 市によると、60代女性は8日に発熱などの症状があり、14日に帰国者・接触者外来を受診し、15日に陽性と判明した。入院する予定で重篤な状態ではない。40代女性と3月30日に職場で一緒に食事するなど接触があった。40代女性の感染が分かった翌日の3日以降は出勤していない。
 40代女性の同僚の濃厚接触者は他に6人。せきなどの症状が現れたのは4人で、このうち3人は陰性と確認され、1人は今後検査する。残る2人は無症状。


関連ページ: 宮城 社会 新型コロナ

2020年04月16日木曜日


先頭に戻る