宮城のニュース

阿武隈川河川敷、菜の花250万本咲き誇る

一面黄色に染まった河川敷

 宮城県角田市の阿武隈川河川敷に、菜の花約250万本が咲き誇っている。残雪の蔵王連峰を背景に、鮮やかな黄色いじゅうたんが広がった。
 地元の風呂青年会が3・2ヘクタールの畑に栽培した。大型連休中の恒例行事「かくだ菜の花まつり」は、新型コロナウイルス感染の拡大防止のため中止になった。畑の見学はできるが、市は密集などを避けるよう呼び掛けている。


関連ページ: 宮城 社会

2020年04月17日金曜日


先頭に戻る