宮城のニュース

宮城・加美、40代女性会社員が感染 県内79人目

 宮城県は17日、加美町の40代女性会社員が新型コロナウイルスに感染したと発表した。14日に陽性が確認された大崎市の50代男性会社員の知人で濃厚接触者。入院予定だが、重篤ではない。県内感染者は計79人となった。
 県によると、女性は12日に関節筋肉痛を訴えた。13日には消えたが、嗅覚異常が現れた。14日のみマスク着用で出勤。16日に頭痛などが出て、帰国者・接触者外来を受診した。
 集団感染が発生した仙台市泉区の英会話教室「ASTER(アスター)向陽台校」を3日に訪れ、16日に感染が判明した富谷市の3人の症状も公表された。
 教室に通う小学生の女児は無症状。勤務する20代女性パート従業員と30代女性会社員は、発熱や全身の倦怠(けんたい)感などがあったが、現在は重篤ではない。3人とも同居家族以外に濃厚接触者はいない。


関連ページ: 宮城 社会

2020年04月17日金曜日


先頭に戻る