宮城のニュース

「発熱外来」を宮城県内初設置へ 登米市が市医師会と協議

 新型コロナウイルスの感染増加に対応する緊急事態宣言を受け、登米市は17日、発熱を訴える患者を他の患者から隔離した場所で診察する「発熱外来」を、登米市民病院の敷地内に設置する方向で登米市医師会と協議していることを明らかにした。県内の自治体で発熱外来を設置するのは登米市が初めて。
 同市では17日現在、新型コロナウイルスの感染者は確認されていない。
 市によると、市内の開業医から「通常診療をしながら新型コロナ感染の疑いがある発熱かどうかを見分けるのは困難」という声が上がっているほか、医院内で発熱患者と通常の患者との動線を区分するのが難しいケースが多いという。
 このため市医師会は会員の医師が発熱外来で輪番制で診察に当たることを提案。市と連携して設置場所の準備や資機材調達が整い次第、対象範囲や保険適用手続きなどの詳細を詰めた上で診察を始める方針。
 熊谷盛広市長は「緊急事態宣言が出ており市内でいつ感染者が出てもおかしくない。院内感染を防ぐ意味でも発熱外来は必要。開業医と連携して市民の健康と安全、安心を守りたい」と話している。


2020年04月18日土曜日


先頭に戻る