宮城のニュース

宮城県が緊急事態宣言の相談電話を開設 コールセンターとのかけ間違い注意を

 宮城県は18日、新型コロナウイルス特措法に基づく緊急事態宣言に関する相談ダイヤルを開設する。設置済みの健康電話相談窓口(コールセンター)とのかけ間違いに注意を呼び掛ける。
 相談ダイヤルでは主に、外出やイベントの自粛要請の考え方などについて対応する。休業要請の対象業種などは具体的な内容が決まり次第、回答に応じる。
 回線は15本で、職員20人態勢で応じる。受け付けるのは平日のみで午前9時〜午後6時。今週末の18、19日は同じ時間帯で臨時開設する。連絡先は022(211)3332。


2020年04月18日土曜日


先頭に戻る