宮城のニュース

多賀城、名取でも感染

 宮城県は18日、多賀城市の30代無職女性、名取市の20代会社員女性が新型コロナウイルスに感染したと発表した。ともに重篤ではなく、入院先を調整中。
 県によると、30代女性は9日に陽性が判明した多賀城市の30代会社員男性の同居家族で濃厚接触者。8日から発熱や全身の倦怠(けんたい)感、味覚と嗅覚の障害も訴えたが、11日までに治まり、最初の検査では陰性だった。16日に再び嗅覚障害が現れたことから2度目の検査を受け、陽性となった。
 女性は7日以降、外出していない。3人家族で男性は自宅で療養している。残りの1人は陰性という。
 20代女性は14日以降、発熱や頭痛などの症状があり、医療機関を通じて17日に帰国者・接触者外来を受診した。県は詳しい行動歴、同居家族を含めた濃厚接触者を調べている。


関連ページ: 宮城 社会 新型コロナ

2020年04月19日日曜日


先頭に戻る