宮城のニュース

360度カメラで花見気分 宮城・涌谷町がVR動画

涌谷町の桜を撮影する関係者=9日
スマートフォンで涌谷町の桜が楽しめる

 宮城県涌谷町は16日、仮想現実(VR)機能を使った桜の動画の配信を始めた。例年多くの人でにぎわう「わくや桜まつり」が新型コロナウイルスの影響で中止になり、花見をできなかった人たちに楽しんでもらおうと企画した。
 動画投稿サイト「ユーチューブ」で配信し、時間は2分50秒。桜まつり会場の城山公園で、町史料館から涌谷神社までの並木道などに咲くソメイヨシノを撮影した。360度カメラで収めた動画は、VR機能で好みの花見ポイントが選べる。
 桜まつりの中止を受け、地元の飲食店経営菊地昭貴さん(39)と涌谷神社禰宜(ねぎ)の一條裕太郎さん(35)が「動画を使って桜をPRしたい」と提案。菊地さんが専用カメラを準備し、一條さんが9日に撮影した。
 編集を担当した町企画財政課の金野暁さん(37)は「思い思いの花見ポイントで楽しんでもらい、涌谷の桜の素晴らしさを感じてほしい」と話す。
 動画には町のホームページなどからアクセスできる。


関連ページ: 宮城 社会 新型コロナ

2020年04月20日月曜日


先頭に戻る