広域のニュース

<アングル東北>震災10度目の春 桜と歩んだ被災地

約4メートルに成長し、大きく枝を広げた桜の下で、入学式を終えたばかりの新入生3人が駆け回る。新1年生の渥美智尋君(6)の将来の夢は「お父さんと同じホヤの漁師さん」。三浦敏校長は「地域を愛する子どもに成長してほしい」と願う=2020年4月8日
避難指示の先行解除で通れるようになった道路を車が走る。街灯と車のヘッドライトで、満開の桜並木が煌々(こうこう)と照らし出された。しかし、周囲の家々に明かりはなく、歩く人の姿も見えない=2020年4月5日
市街地はかさ上げされ、少しずつ家が立つ。震災前と同じ場所に再建した無職女性(66)は「周りに住んでいた人はほとんど他の場所に移ってしまったけれど、道路は新しくなり、周りには店や病院もできた。安心して暮らせると思う」と話した=2020年4月6日

 宮城県石巻市大原小の校庭に2012年4月、1本のソメイヨシノが植えられた。津波で校舎が全壊した旧谷川小との統合記念に当時の新入生3人が植樹したものだ。あれから8年。桜は子どもたちの成長を見守りながら背丈を増し、見事な花を咲かせている。
 大部分が東京電力福島第1原発事故の帰還困難区域内にある福島県富岡町夜の森地区の桜並木(全長2.2キロ)はこれまで、300メートルしか開放されていなかった。今年3月、JR常磐線の全線再開に伴って夜ノ森駅周辺の一部で避難指示が先行解除され、桜を見られる範囲が800メートルに広がった。
 岩手県陸前高田市の浄土寺には11年、地元NPOがカワヅザクラを植樹した。当時、震災の傷痕を痛々しく残していた風景は今、新たな街並みに変わり、鮮やかな桜色が彩りを加えている。
 東日本大震災から10度目の春を迎えた。桜を通し、被災地の歩みをたどった。
(写真部・藤井かをり)


関連ページ: 広域 社会 アングル

2020年04月20日月曜日


先頭に戻る