宮城のニュース

宮城県、ドライブスルーのPCR検査きょうにも開始

 新型コロナウイルスの感染拡大で、仙台市を中心にPCR検査の拡充が必要な現状を踏まえ、宮城県は20日、検査を効率化するため車に乗ったまま検体を採取する「ドライブスルー方式」を21日にも市内1カ所で始めると正式発表した。東北大病院が臨時診療所を開設して作業に当たる。
 村井嘉浩知事が20日の定例記者会見で表明した。県内で検査できる件数は現在、1日約160件。新方式の導入で、100件程度上積みできる見通し。
 インターネット通販大手の楽天が、出資企業から調達した検査キットや医療用ガウンなどを提供する。市の依頼に基づき、ドライブスルー方式を市内で2回実施した陸上自衛隊が約1週間、運用を支援する。
 村井知事は医療の従事者や資機材が不足しており、検査体制のさらなる増強は現時点で困難との認識を示したが、「クラスター(感染者集団)の発生など状況を見て対応する」と含みを持たせた。


関連ページ: 宮城 社会 新型コロナ

2020年04月21日火曜日


先頭に戻る