秋田のニュース

秋田サワーの素、全国で発売 男鹿半島の塩と8年貯蔵焼酎をブレンド

 オエノンホールディングス(東京)グループの秋田県発酵工業(秋田県湯沢市)は25日、ご当地酎ハイが作れる「秋田サワーの素 塩レモン」=写真=を全国で発売する。男鹿半島の塩と、8年貯蔵の酒かす焼酎をブレンド。プリン体ゼロ、甘味料ゼロに仕上げた。1800ミリリットルでアルコール度数40%。塩レモンと炭酸水を1対4で割ると秋田サワーが37杯できる(1杯240ミリリットル当たりアルコール8%)。参考小売価格2700円(税抜き)。
 パッケージにはインパクトのある青色のナマハゲをデザインし、秋田らしさを表現した。オエノンの担当者は「新型コロナウイルスの影響で外出ができない分、自宅でゆっくり楽しんでほしい」と話す。
 県産の貴味(たかみ)メロンを使用した酎ハイ「秋田サワー メロン」も25日、県内限定で発売する。


関連ページ: 秋田 経済

2020年04月21日火曜日


先頭に戻る