青森のニュース

看護師が同僚に患者データ送信 コロナ感染症病棟に勤務 青森

 五所川原保健所(青森県五所川原市)管内で確認された新型コロナウイルス感染者の電子カルテの画像が流出した問題で、患者を診察した感染症指定医療機関を運営する同市の「つがる西北五広域連合」は21日、感染症病棟に勤務する看護師が流出させたと明らかにした。
 看護師は感染者の受け入れに重圧を感じ、注意喚起の趣旨で同僚に送ったと説明している。悪質性が低いとして、連合は刑事告訴しない方針。
 連合によると、看護師は患者が入院した3月30日、引き継ぎで受け取った電子カルテの印刷データを携帯電話で撮影。無料通信アプリLINE(ライン)で同僚と親族に送った。
 同僚も転送するなどし、計4人の看護師が画像を共有した。親族も別の1人に送った。共有した6人は全員が送受信履歴を削除しており、それ以上の流出の広がりは確認できなかった。連合は近く看護師4人を処分する。
 画像には、感染した20代男子学生の帰省先の自治体など、青森県が公表していない情報が含まれていた。


関連ページ: 青森 社会 新型コロナ

2020年04月22日水曜日


先頭に戻る