広域のニュース

JR東・週末の駅利用 仙台は前年の23%、山形12%

 JR東日本は21日、新型コロナウイルスの緊急事態宣言が全国に拡大して初の土日となった18、19日に東京駅の利用者が前年同期の11%まで落ち込んだと明らかにした。同様に仙台23%、新潟26%、長野20%など同社の主要駅で、軒並み30%を下回った。
 JR東によると、いずれも前年同期との比較で都内の駅は新宿12%、渋谷13%と9割近くの減少。東北では新青森18%、盛岡29%、秋田20%、山形12%、福島27%となった。
 平日の13〜17日のデータは山形が前年同期の18%、宇都宮と甲府が28%と大きく減る一方、盛岡53%、新潟45%、福島43%と半減から6割弱の減少にとどまった駅もあった。
 各駅のデータは定期券の有無に関係なく、自動改札機の利用者を調べた。


関連ページ: 広域 社会 新型コロナ

2020年04月22日水曜日


先頭に戻る