広域のニュース

東北の感染ゼロ1カ月ぶり 岩手は全国で唯一感染ゼロ継続

 新型コロナウイルスの全国的な感染拡大が続く中、東北6県では21日、新たな感染者に関する発表がなかった。感染者の発生が6県で「ゼロ」となったのは3月24日以来、約1カ月ぶり。岩手県は全国の都道府県で唯一、感染確認ゼロが続く。
 岩手を除く東北5県では感染確認が相次ぎ、新たな感染者が4月以降、1日当たり計3〜27人で推移していた。20日までの感染者は計250人。県別の内訳は宮城が最多の84人(うち仙台市64人)。山形、福島がいずれも64人、青森22人、秋田16人(再感染者を含む)となっている。


関連ページ: 広域 社会 新型コロナ

2020年04月22日水曜日


先頭に戻る