宮城のニュース

マイカー通勤で感染防止を 駐車場100台分提供 JR仙台駅東口

新型コロナを受け、100台分を期間限定で無償提供する東口パーキング

 新型コロナウイルスの感染防止のためマイカー通勤を支援しようと、不動産賃貸業タカユー(仙台市宮城野区)は、JR仙台駅東口の駐車場「東口パーキング」(同、345台収容)で100台分を期間限定で無償提供する。23日に募集を始める。
 新型コロナの感染拡大で企業はテレワークや時差出勤を進めるが、公共交通機関は朝夕中心に今も利用が集中。同社は感染リスクを避けるため社員に社有車を貸し出し、マイカー通勤を推奨する。
 一方、仙台駅近くの立地で通常は買い物客らが多く集まる同駐車場は、外出自粛の影響で利用が減少。市中心部へのマイカー通勤でネックとなる駐車スペースとして活用してもらおうと、異例の無償提供を決めた。同社の大亀誠さん(46)は「感染拡大のリスクを少しでも減らし、地域の手助けをしたい」と話す。
 期間は5月7日〜6月30日。状況によって延長も検討する。
 メールpark@takayu.jpに空メールを送り、返信の応募フォームで申し込む。選考の上、定数に達した時点で終了。連絡先は同社022(256)0058。駐車場は通常営業している。


関連ページ: 宮城 経済 新型コロナ

2020年04月23日木曜日


先頭に戻る