岩手のニュース

春アスパラの出荷始まる いわて花巻農協

大きく育った春アスパラの選別作業

 アスパラガスの生産を推進している「いわて花巻農協」(岩手県花巻市)で21日、今季の出荷が始まった。
 北上市にある選果場には、管内の花巻、北上、遠野市の農家から青々としたハウス栽培のアスパラガス約300キロが集まった。サイズごとに選別、箱詰めされ、岩手県内のほか関東方面に出荷された。
 露地物は低温の影響で生育が少し遅れているものの、ハウス物は順調で、濃い色づきと甘味が楽しめるという。農協の担当者の中村善希さん(33)は「春野菜の主役。店頭で手に取ってほしい」と話している。
 春芽アスパラガスの出荷の最盛期は5月中旬ごろ。年間200トン、2億円の販売を目指す。


関連ページ: 岩手 経済

2020年04月23日木曜日


先頭に戻る