宮城のニュース

石巻市役所1階にイオン開店 住民、3年ぶりのスーパーに笑顔

買い物客でにぎわった食品売り場

 石巻市役所1階の商業スペースに核テナントとして入る「イオン石巻駅前店」が23日、オープンした。市民らが来店し、約3年ぶりのスーパー開店を喜んだ。
 オープン前から十数人の買い物客が集まり、午前9時の開店時間を15分早めた。生鮮食品や総菜、弁当のコーナーを中心ににぎわった。同じフロアの100円ショップや美容室なども開店した。
 市内の無職山内芳信さん(78)は「この周辺はコンビニしかなく、足の不自由な高齢者はタクシーでスーパーに行っていた。開店はうれしい」と話した。
 新型コロナウイルスの感染防止のため、開店式典は延期した。小林史仁店長は「スーパーがなくて不便だという声を聞いていたので、オープンできてうれしい」と語った。
 1階の商業スペースは2017年5月に別のスーパーが撤退して以来、核テナントが不在だった。


関連ページ: 宮城 経済 新型コロナ

2020年04月24日金曜日


先頭に戻る