秋田のニュース

岡江さん安らかに… 清酒「高清水」CM出演に感謝 

岡江さんが起用された高清水のポスター(秋田酒類製造提供)
岡江さんが起用された高清水のポスター(秋田酒類製造提供)

 新型コロナウイルス感染による肺炎で23日に死去した俳優、岡江久美子さんは1976年から約20年間、日本酒「高清水」で知られる秋田酒類製造(秋田市)のCMやポスターに起用された。同社社員たちは「高清水のイメージアップに大きく貢献してくれた。残念だ」と突然の死を悼んだ。
 19歳だった岡江さんは75年にTBS系ドラマ「お美津」のヒロインでデビュー。和服が似合い、清新なイメージが清酒に合うとして76年、同社のCMに起用された。
 その後、NHKの大河ドラマ「花神」や同クイズ番組「連想ゲーム」などに出演。同社広報の二方克明さん(46)は「活躍の幅が広がるのに合わせ、高清水の知名度も向上した」と感謝する。94年の創立50周年記念式典にも出席してくれたという。
 岡江さんと撮った写真が宝物という60代の女性社員は「明るく美しいだけでなく、笑顔で気さくな人柄に親しみを感じた。もう一度会いたかった」と惜しんだ。


関連ページ: 秋田 社会

2020年04月24日金曜日


先頭に戻る