宮城のニュース

宮城・休業要請初日 晴天で山や公園に人出、温泉街は客足途絶え閑散

行楽客の車で埋まった泉ケ岳の駐車場=25日午前10時30分ごろ、仙台市泉区福岡(写真の一部を加工しています)

 新型コロナウイルスの緊急事態宣言に伴う遊興施設や飲食店などを対象にした宮城県の休業要請期間が25日、始まった。晴天に恵まれた屋外の行楽地にはマスク姿の家族連れが目立った一方、客足が途絶えた温泉街などは閑散としたまま。例年とは様相の違うゴールデンウイークを迎えている。
 仙台市泉区の泉ケ岳では午前11時ごろ、登山口駐車場の8割ほどが埋まった。県内ナンバーを中心に約200台が並び、家族連れや登山客で混雑した。ふもとの泉岳自然ふれあい館の下山倉美館長(66)によると行楽客は例年よりやや多いという。
 「学校が休みで、子どものストレスがたまる一方。車が多いわりに、街中の公園より人がばらけている」と泉区から小学3年の長女と訪れた会社員女性(48)。ともにマスク姿で、登山口周辺を散歩した。
 登米市の市長沼フートピア公園は遊具の使用を禁止し、レンタサイクルの営業も取りやめたため、午前中の車の出入りは通常の週末に比べて7割程度にとどまった。
 小学3年の長男、妻と車で来た富谷市の会社員男性(42)は「子どもに少しでも運動をさせたかった。地元の方に不安を与えないように早めに帰りたい」とマスク越しに話した。
 宿泊施設や共同浴場が軒並み休業する宮城県蔵王町の遠刈田温泉街。蔵王エコーラインの開通が山形側の解除延期で大型連休終了後の5月11日にずれ込んだ影響もあり、通りを歩く人はほとんどいなかった。
 遠藤裕一さん(72)は休業などの要請対象外となっている喫茶店を温泉街で営む。テーブル席を離すなど感染予防策を取った上で営業を続けるが、「週末でも客は例年の1割に届かず、密接対策は要らないかも」と肩を落とした。
 県が休業や営業時間短縮を求めたのは屋内施設や店舗のほか、行楽を主な目的とする旅館やホテルなど。要請期間は5月6日まで続く。


関連ページ: 宮城 社会 新型コロナ

2020年04月26日日曜日


先頭に戻る