宮城のニュース

「入学、始業を9月に」 学力格差解消や国際化推進 宮城知事が私見

休校中の教室

 新型コロナウイルスの感染拡大で学校の休校が続いている現状を受け、村井嘉浩宮城県知事は27日の定例記者会見で、「入学、始業を9月にずらすのも大きな方法」と私見を述べた。学力格差の解消、国際化の推進を利点に挙げた上で、賛同する知事を募り、国に働き掛ける考えも示した。
 新型コロナの終息状況によって学校の再開時期が全国でばらつく可能性を踏まえ、村井知事は「9月で合わせると、地域間の学力格差がなくなる」と指摘した。欧米では秋入学が主流となっており、「海外留学や留学生の受け入れもしやすくなり、国際化に弾みがつく」と説明した。
 村井知事は28日、岩手、福島など17県知事による「日本創世のための将来世代応援知事同盟」のウェブ会議で提言する方針。「教育の大改革で、平時にはなかなかできない。ピンチをチャンスに変える意味で、恒久的に制度を変えたらどうだろうかと提案したい」と述べた。


2020年04月28日火曜日


先頭に戻る