宮城のニュース

9月入学制「一つの選択肢」 文科相

 入学や始業を9月に移行するとした村井嘉浩宮城県知事らの提案を巡り、萩生田光一文部科学相は28日の閣議後記者会見で「一つの選択肢」とした上で「社会全体に影響を及ぼす」と述べ、慎重に検討する姿勢を示した。
 萩生田氏は9月入学・始業の課題などを省内で洗い出したことを説明。入学試験や就職活動の時期など多くの調整が必要になるとして、他省庁や業界団体と意見交換していることも明らかにした。
 欧米で主流の秋入学に合わせられる国際化の促進といった利点にも触れ「社会全体で同じカレンダーを共有してくれないと、文科省だけで解決する話ではない」と述べた。
 村井知事ら地方から提案が出たことには、「莫大(ばくだい)な事務作業を地方自治体もやり、『オールジャパンで子どもの学びを確保するためにこれしかない』と本当に一緒に考えてくれるなら、一つの大きな選択肢になる」と協力を求めた。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2020年04月29日水曜日


先頭に戻る