宮城のニュース

灯ろう流し中止を決定 仙台・広瀬川

広瀬川灯ろう流し=2019年8月

 仙台市若林区の広瀬川河川敷で毎年8月20日に開催される「広瀬川灯ろう流し」の実行委員会は28日、新型コロナウイルスの感染拡大を踏まえ、今年の開催を中止すると発表した。
 灯籠流しは江戸時代に飢餓でなくなった人々を供養したのが起源で、一時中断後の1990年に再開した。先祖供養の願いを託した灯籠が川面を彩る夏の終わりの風物詩で、今年で31回目を迎える予定だった。
 大友克人実行委員長(72)は「中止は非常に残念。来年こそたくさんの人に来てもらいたい」と話した。


関連ページ: 宮城 社会 新型コロナ

2020年04月29日水曜日


先頭に戻る