青森のニュース

青森・十和田の看護師3人が感染 県内は計26人に

 青森県は28日、十和田市立中央病院の40代女性看護師3人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。同病院勤務の感染者は計4人となった。県は「院内感染の可能性が高い」とみている。県内感染者は計26人。
 県によると、いずれも27日に感染が分かった40代女性看護師の濃厚接触者。病院は感染症指定医療機関で、クラスター(感染者集団)が起きた十和田市内のグループホームの患者を複数受け入れ、3人も看護を担当していた。
 3人は11日以降、せきや微熱などがあったが、受診しなかった。現在は軽症か無症状という。
 27日に陽性が判明した看護師の濃厚接触者として、県は病院関係者ら約50人を特定。そのうち約30人を28日に検査し、3人以外は陰性だった。


関連ページ: 青森 社会 新型コロナ

2020年04月29日水曜日


先頭に戻る