山形のニュース

山形・花笠まつりが中止

花笠まつり=2019年8月

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、山形県花笠協議会は28日、8月5〜7日に山形市中心部で開催予定だった「山形花笠まつり」の中止を決めた。中止は1963年の第1回開催以来初めて。
 理事会・総会を市内で開き、決定した。終了後、記者会見した矢野秀弥協議会長(山形商工会議所会頭)は「終息が見通せない中の開催は感染防止の徹底が難しく、関係者や市民に不安を感じさせる。中止は大変残念だが、理解してほしい」と述べた。
 協議会名誉会長の佐藤孝弘山形市長も「感染拡大が終息して花笠まつりを楽しめるよう、当面の感染症対策に臨みたい」と話した。
 花笠まつりは、民謡「花笠音頭」に合わせて踊る着物姿のパレードが見どころの夏祭り。昨年は3日間で161団体、延べ1万4000人の踊り手が参加し、県内外から観客98万人が訪れた。


関連ページ: 山形 社会 新型コロナ

2020年04月29日水曜日


先頭に戻る