宮城のニュース

9月入学、宮城知事が知事会に提案

村井嘉浩宮城県知事

 村井嘉浩宮城県知事は29日、新型コロナウイルス対策を話し合う全国知事会のウェブ会議に出席し、公立学校の休校長期化を踏まえて問題提起した「9月入学制」の実現を国に働き掛けるよう訴えた。新制度が感染症を乗り越えた日本社会の「コロナレガシー(遺産)」になると強調した。
 村井知事は冒頭、国への緊急提言案に盛り込まれた9月入学制に言及。社会システムの再編といった諸課題から批判的、消極的な意見があると認めつつ、「文言の修正はあっても、趣旨は必ず提言に残してほしい」と執念を見せた。
 4月入学を維持する場合、本年度は限られた日数に授業を詰め込まざるを得ない。村井知事は「(夏休みなど定期的に)休ませるのも教育。一番重要なのは子どもたち。9月入学は時宜にかなっている」と熱弁を振るった。
 会議では賛否両論あったが、小池百合子東京都知事は「国際水準。日本も明治時代は9月(入学)だった」と支持した。終了後、村井知事は「課題を挙げたら切りがない。社会の同意を得られれば克服できる」と意気込んだ。
 知事はこの日、県立学校の臨時休校を5月10日まで延長すると発表した。9月入学制との整合性については「別の議論だ。県内の感染状況を見た上で、早期再開を目指す」と説明。「今回の議論で世論が9月入学を求めていると国が感じれば、状況は変わる」と見通した。


2020年04月30日木曜日


先頭に戻る