宮城のニュース

教員が家庭学習支援 仙台市の休校延長受け、電話、訪問など「双方向」で

仙台市役所

 仙台市立学校の再開が6月1日に決まり、市教委は2カ月遅れの新学期に向け、大型連休後から準備を加速させる。5月31日まで延長した休校期間は「双方向支援」を展開。教職員が電話や訪問で直接、児童生徒の家庭学習をサポートし、再開に向けたステップを踏む。夏休み中の授業日設定や土曜日の活用などあらゆる手段を検討し、授業時数を確保する。
 各学校は5月7日以降、学習プリントなどの課題とともに、児童生徒が勉強時間などの目標を設定する「週間計画書」を作成し、教職員が自宅を訪れるなどして各家庭に確実に届ける。
 学年別に時間をずらすなど新型コロナウイルスの感染防止策を講じた上で18日の週は1回、25日の週は2回の臨時登校日を設定。取り組んだ課題は学校に郵送するか登校日に提出してもらう。担任が学習状況を確かめてアドバイスを送り、双方向のやりとりを目指す。
 市教委もホームページで家庭学習を支援する。新しい教科書で勉強するこつを学年別に掲載。在仙のアナウンサーや落語家の講話を通して職業意識を育む動画、運動不足解消のための動画も配信する。
 佐々木洋教育長は30日の記者会見で「家庭学習ができているか確認し、先生が手を差し伸べる関係を持たないと、長期の休校は乗り越えられない。学校再開のステップにもなればいい」と語った。
 授業時数を確保するため、夏休み中に授業日を設ける。中学校は全校にエアコンが導入されたが、小学校は一部が未設置のため「全力で整備を進める」(佐々木教育長)という。
 土曜授業や秋、冬休みの活用も視野に入れる。修学旅行や運動会などの学校行事は既に秋以降に延期されているが、授業時数を確保できない学校は取りやめも検討する。佐々木教育長は「活用できる時間を可能な限り使い、授業の遅れを取り戻す」と意気込む。
 市教職員組合の佐々木大介書記長は「学校現場は削れる授業時数は既にカットしている。これ以上は市町村単位で解決することが難しい問題。国の抜本的な対策が必要だ」と指摘する。


2020年05月01日金曜日


先頭に戻る