宮城のニュース

買い物代行担う「便利屋タクシー」料金改定 観光第一交通、30分1500円から

 第一交通産業グループの観光第一交通(仙台市)は1日、買い物代行などを担う「便利屋タクシー」の内容や料金体系を改定した。新型コロナウイルスの感染拡大で問い合わせが増えており、内容を整理し分かりやすくした。グループの市内3社でも順次展開する。
 同社は2005年から便利屋タクシーを展開。買い物代行や薬の代理購入、物品の輸送などをメーター料金で手掛けていた。改定では30分1500円、以降は15分ごとに750円加算する時間制料金を設定した。
 新たに、消耗品の買い出しや電球交換、話し相手などに応じる「シニアみまもり安心サービス」と、花や線香を預かり墓参りをする「お墓参り代行サービス」も始める。
 同社の担当者は「外出したくてもできない高齢者や持病がある人の手伝いになればいい」と話す。企業からテレワーク移行に伴う機器の運搬などのニーズも増え、サービス内容を見直した。事前登録が必要なサービスもある。連絡先は022(236)1226。


関連ページ: 宮城 経済 新型コロナ

2020年05月02日土曜日


先頭に戻る